大切な人のお名前を主人公にしたオリジナルギフト絵本

アニバーサリーリース(大人向け/日本語)

アニバーサリーリース

グリーティングブックシリーズ

12の月に添った花のリースをめぐりながら、ご結婚や記念日の幸せを奏でます。花に託された言葉や伝説が永遠のメッセージとなって響きます。

中島祥子作・絵
35ページ
サイズ:縦266mm×横217mm
オリジナル絵本 本体税抜価格 3,800円
 別途消費税がかかります。

注文する

 

挿入できる項目

主人公の名前 ※新郎・新婦
メッセージ
プレゼントする日
贈り主の名前
何のお祝いか
結婚式の日
結婚式場の名前
住んでいる場所(結婚後の新居)
登場人物(3人まで)

絵本サンプル

赤文字部分をオリジナルの文章にできます
※画像をクリックすると拡大表示されます

  静香さん 拓哉さんさんに贈る
世界でたった一冊の絵本
拓哉くん、静香さん ご結婚おめでとう!
誰もが羨むような幸せな家庭を築いてね!

2005年8月吉日
友人一同
リースのまるい輪のかたちは
くり返される いのちの輝きのしるし。
冬枯れを経て またよみがえる
春の芽吹きのように
決して つきることのない生命力への賛歌です。
西洋では 人生の様々なシーンを記念して
思いでの品々を飾った
アニバーサリー リースを作ります。
静香さん拓哉さんさん、
おふたりの結婚を祝って、
めぐる季節の花々を 1年ぶん
すべてリースにして お贈りします。
この幸せが
永遠に続くことを祈って。
アニバーサリーリース
工藤 静香さん
木村 拓哉さん の
結婚を祝して
アニバーサリーリース
春は はじまりの季節。
新しい恋
出会い
門出……。
静香さん拓哉さんさん、
おふたりの なれそめは
いつでしたか?
March
 3月
パンジーは、愛の神エロスの分身。
花ことばは
「私を想って」「思い出」「記念品」
恋人達の最初の想いを
溜めておくのにふさわしいリースです。
静香さん拓哉さん
はじめてあったときの思い出を
どうぞ、大切に。
そう、この月、2005年3月23日
ロイヤルホテル
おふたりは結ばれたのでしたね。
まさあきあやこも祝福してくれました。
もういちど、心から「おめでとう」を言います。
静香さん拓哉さん
はじめてあったときの思い出を
どうぞ、大切に。
April
 4月
復活祭のルーツは 春の訪れを祝うお祭。
そのシンボルは
タマゴ、ウサギ、イースターリリー、
そして ヒナギク。
ヒナギクは「独身者のボタン」と呼ばれています。
むかし、求婚する若者がポケットに忍ばせ、
枯れるまでに 恋人のもとに
たどりつけるかどうかで
結婚の正否を占ったとか。
静香さん拓哉さんさん、
初々しい気持ちを いつまでも。
May
 5月
フランスでは 5月1日がスズランの日。
幸運を祈ってスズランを贈り合います。
花ことばは「幸福が戻ってくる」
春のくだもの、イチゴの花の花ことばは
「あなたは私をよろこばせる」
赤い実は 婿薬ともされる愛の果実。
チューリップも 愛の花です。
静香さん拓哉さんさん、
愛と幸福の花々を
どうぞ 受け取ってください。
夏は 輝きの季節。
陽光の中
すべての生命が燃えさかるとき。
恋もまた 頂点に。
静香さん拓哉さんさん、
おふたりが 恋人同士になったのは
いつでしたか?
June
 6月
6月24日の中夏節は
薬草の力が増す魔法の日。
未婚の乙女たちは この日の前夜
いろいろな占いを こころみて
花嫁となる日に 思いを馳せました。
そんな 古いおまじないのひとつが
「サムシング・ブルー」
花嫁が 何か青いものをひとつ 身につけていると
幸福な結婚生活を約束される、というものです。
静香さん拓哉さんさん、
サムシング・ブルーの魔法をかけたリースをどうぞ。
July
 7月
7月7日、平安時代の人々は
おけにはった水面に 天の川の星々を映して、
牽牛星と 織女星の 逢瀬を祝いました。
天を映す水にうかぶスイレンは 気高い花。
花ことばは「信頼」「純潔」
その種子はむかし、女性の浮気心を
静める薬として、使われたそうです。
静香さん拓哉さんさん、
信頼のきずなを深める
すきとおった水のリースを おふたりに。
August
 8月
夏のさかりには、暑さの中でも
瑞々しさを失わない熱帯の花々を。
アンセリウムの花ことばは「恋の成就」
ハート形の姿からの すなおな連想です。
ハートの形は もとは心臓のかたち。
古代の人々は
心臓に「心」があると 考えていたからです。
静香さん拓哉さんさん、
プロポーズの言葉を 覚えていますか?
秋は 実りの季節。
穀物は重い穂をたれ、
果樹がつややかな実をつけるとき。
恋人たちも
恋の情熱を 愛の実りに変えてゆきます。
静香さん拓哉さんさん、
おふたりが 共に歩もうと決めたのは
いつでしたか?
September
 9月
リンドウの花ことばは
「あなたが悲しんでいる時
 私はあなたを 最も愛する」
ローズマリーは
「あなたが来てくれたので
  私の心の悩みが消え去った」
心にかげりが差すときは
幸せな時以上に
愛の力がためされるものです。
静香さん拓哉さんさん、
時にはこんな なぐさめの花を
お互いの ささえに。
October
 10月
10月のバラは 春よりも深い色に咲くと言います。
満開のトゲあるバラの花ことばは「結婚」
満開なのは 愛が今、頂点にあることのあかし。
トゲは 様々な苦労の暗示です。
アイビーの花言葉も「結婚」
からみ合うツルは 支えあう夫婦のきずなを表す一方、
簡単に離れられない しがらみをも象徴します。
結婚生活は そう甘くはないという 昔の人の教訓。
静香さん拓哉さんさん、
結婚後の新居で 生活をおくられる おふたりに
少し辛口のはなむけです。
November
 11月
11月は収穫祭の月。
ザクロやオレンジは豊穣と多産のシンボル。
リンゴは「誘惑」
ブドウは「思いやり」「ほどこしもの」
少しずつ意味は違うけれど
果実の恵み深い美しさは
宝石と同じように 豊かでぜいたくです。
静香さん拓哉さんさん、
おふたりの未来が
みのり多いもので ありますように。
冬は よみがえりの季節。
すっかり葉を落とした梢も
雪におおわれた地面も
やがてそこに
小さな芽生えを はぐくみます。
愛もまた 時にまったく姿をかくしていても
その輝きを失うことなく
心の内に あり続けます。
静香さん拓哉さんさん、
永遠に変わらぬ愛が
見えますか?
December
 12月
常緑のモミは永遠のしるし。
ヒイラギの赤い実は「愛」
緑の葉は「信仰と希望」
白い花は「純潔」
クリスマスローズは 幼な子イエスの
誕生を祝って 雪の中から生まれました。
静香さん拓哉さんさん、
聖夜をいろどる これらの植物が
おふたりの あたたかい家庭を
祝福してくれますように。
January
 1月
東洋では 黄色の花は富のシンボルと
されています。
新春に まっさきに咲く
黄金色の福寿草は
その名の通りの 幸運の花。
水仙も 銀の台に金の杯を持つ 宝の花。
あふれるばかりに花をつけたミモザも
あしらって。
静香さん拓哉さんさん、
おふたりが 豊かに暮らすことを祈って
贈る 輝く金のリースです。
February
 2月
あらゆる花の まだ固く青いつぼみ。
あらゆる草の まだ若い青葉。
これらには すべて 「希望」という
花ことばがつけられています。
静香さん拓哉さんさん、
最後に贈るのは 「希望」のリースです。
どうぞ いつでも希望を胸に
おふたりが 末永く
共に 歩んでいかれますように。


注文する