大切な人のお名前を主人公にしたオリジナルギフト絵本

おたんじょうびのほん(大人向け/日本語)

おたんじょうびのほん

グリーティングブックシリーズ

年の数だけ増えていく「だいすき」と「たからもの」。お子様の成長をやさしく見守る、ご両親の想いの詰まった絵本。お誕生日の贈り物に。贈った人も、贈られた人も、涙がでちゃうじんわり心に沁みるオリジナル絵本です。店長が自信をもってオススメいたします。もちろん大人向けにも。

庄司三智子作・絵
35ページ
サイズ:縦266mm×横217mm
オリジナル絵本 本体税抜価格 3,800円
 別途消費税がかかります。

注文する

 

挿入できる項目

主人公のニックネーム(呼び名)
主人公の名前
メッセージ
プレゼントする日
贈り主の名前
主人公の年齢
住んでいる場所
登場人物(3人まで)
生年月日

絵本サンプル

赤文字部分をオリジナルの文章にできます
※画像をクリックすると拡大表示されます

菜々ちゃんに 贈る
世界でたった一冊の絵本
菜々ちゃん、お誕生日おめでとう!
今年も素晴らしい年でありますように!

2005年8月8日
隆史より
おたんじょうびのほん
松嶋 菜々子ちゃん
ハッピー バースデイ
ハッピーバースデイ
おたんじょうびのほん
庄司三智子 作・絵
クリエイト・ア・ブック
ずっと ずっとまえ。
正確には 20年前。
菜々ちゃんは、
生まれたばかりの赤ちゃんだったね。
はじめて浴びる太陽の光。
はじめて聞く風の音や、雨音。
はじめてかぐ樹のかおり。
はじめてさわる大きな手。
はじめてふくむミルクの味。
菜々ちゃんは、どう感じただろう。
生まれたばかりの赤ちゃんの
菜々ちゃんにも、
すぐに「お気に入り」ができたね。
見るだけでかわいい 赤ちゃんのおもちゃたち。
あのころ 菜菜々ちゃん
大好きだった
「お気に入り」のおもちゃを、覚えてる?
眼を閉じてみて。
もしかしたら、感触だけでも
思い出せるかもしれないから。
遊ぶの大好き!
いっぱい遊んだあとのお楽しみは、
おやつのお菓子。
菜々ちゃん
ちいちゃいころの
「お気に入り」お菓子って何だった?
口の中に
あのときの味がひろがってこない?
そして今、
2005年8月8日
菜々ちゃんは、
20歳の お誕生日を迎えている。
菜々ちゃん
ちょうど 20年生きたね、という記念日。
少しずつ増えた「お気に入り」も 20年分。
お誕生日は おいしい「お気に入り」で!
まずは心をこめて おめでとうのケーキを。
やさしく あまい、
とろけて 美しい、
丸い 四角い、
星形 ハートの、
ケーキ いろいろ。
菜々ちゃんだったら、どれがいい?
つぎのおいしいは、かおりたつ果物。
いちごにメロン、
りんごにさくらんぼ、
もも なし バナナ グレープフルーツ ぶどう、
かき いちじく あんず マンゴー パイナップル……!
数えきれないほどある果物の種類。
その種類の数だけある それぞれのいい匂い。
そんな中で、
菜々ちゃんのお「お気に入り」は何かな?
キッチンで 野菜を洗う音や湯気の気配がする。
東京
菜々ちゃんの家には、
おいそそうな料理が並んだね。
さあ 菜々ちゃん
一番好きなごちそうを、どうぞ。
お母さんのハンバーグ?
それともお父さんのカレー?
おばあちゃんの甘い煮豆?
駅前のラーメン屋さんのぎょうざ?
今日はきっとそれだよ。
お誕生日だもの。
菜々ちゃん
お誕生日を 20回祝ってくれた、
お父さんとお母さん。
いつも一緒でも、
離れていることがあったとしても、
ふたりとも、ずっとこの日を祝うことを忘れない。
ふたりとも 菜々ちゃんを愛してて
菜々ちゃんは、ふたりの宝物。
菜々ちゃんにとっても、
お父さんとお母さんは 大好きな宝物。
20歳になった 菜々ちゃん
お父さんとお母さんのほかにも
たくさんの人と出会ってきたね。
隆史くんや拓哉くん、あゆちゃん
大事な時間を過ごしたり。
そんな中で、
今の 菜々ちゃん、もしかしたら
お父さんより お母さんより
好きな人がいるかもしれないね。
それがだれでも
菜々ちゃんが 好きな人だもの、
すてきな人のはず、宝物だね。
菜々ちゃんは、
大好きな人といっしょに聴きたい
「お気に入り」の音楽、ある?
音楽ってふしぎ。
人によって好みが、すごく違う。
でも確かに心に届いて
ほっとしたり、元気になれたり。
好きな音楽は、もう最高って感じ!
形がないから、
目に見えないし、さわれない。
菜々ちゃん
耳がさがす「お気に入り」
眼がさがす「お気に入り」もあるね。
レモンイエロー オリーブグリーン
スカイブルー。
たくさんの色の中に、
特に好きな色があるって不思議。
菜々ちゃんの眼がさがし出す
「お気に入り」はどんな色?
菜々ちゃんには、 ほかにも、まだまだいろいろな
「お気に入り」があるでしょ。
お気に入りの服。
お気に入りの場所。
お気に入りの本。
お気に入りの絵。
お気に入りの花……。
「お気に入り」って、
どういうことだと思う?
形・色・匂い・肌ざわり・かかわり・思い出……、
いろいろな混ざりあい。
うまくは言えないよね。
でも、たった一つ確かなこと。
20歳の 菜々ちゃんが、
好きだと感じていること。
他の人には関心がなくても、
「お気に入り」たちは
菜々ちゃんの だいじな宝物たち。
20年間、過ぎてきた日々の中から、
菜々ちゃんが、
感じてはじめて宝物になった。
菜々ちゃんのなかで、
ほら、輝いている。
それにしても
20歳の 菜々ちゃんの宝物、
いっぱい あったね。
ちゃんと触れて
ちゃんと見えて
ちゃんと聞こえて
ちゃんと味わえて
ちゃんと匂いがわかって
そしてちゃんと感じて……。
たくさんの「お気に入り」ができた。
菜々ちゃんだけの
宝物をたくさん持つ、
世界でたった一人の 菜々ちゃん
お誕生日 おめでとう。


注文する